【投資物件】 新築を買うなら借地権

中古アパートの利回りが下がってきているため、ご自身で土地を購入

されてアパートを新築されるお話しをお聞きします。

 

私は、基本的にはオススメしていません。

 

土地を仕入れてアパートを建設するのは、業者の仕事です。

経験豊富なプロの業者がやっても、失敗することがあるものを、

一般の方がやられるにはリスクが高すぎます。

 

かといって、新築アパートは、利回りが低すぎます。

 

23区内の駅から10分以内で、1億円以下の売りアパート。

現在売りに出ている40件の利回りを、単純に平均すると5.7%。

 

新築時で5.7%ということは、10年経ったら4%台でしょうか。

これでは、ローンを組んだら、キャッシュが手元に残りません。

 

そこで、借地はいかがでしょうか。

 

多くの方が嫌う借地権だからこそ、新築でも高利回りの物件があります。

地代をマイナスして、利回り8%なら、ローンを組んでもキャッシュが

残りそうです。

 

諸費用込みで8,000万円のアパートを、自己資金3,000万円で

ご購入される場合の試算。

 

5,000万円を2%の20年ローンの場合、毎月返済額は約25万円。

新築時の収入が毎月50万円あれば、10年後に賃料が2割下がっても

40万円。

空室が増えたり、メンテナンスコストが発生してきても、安心できる

レベルです。

 

新築なので、当面はメンテナンスの心配は無さそう。

設備はフル装備ですので、賃貸募集の競争力も抜群です。

 

利回りの高い借地権の新築アパートの中でも、積算評価の伸びそうな

物件があります。

 

お問い合わせはお気軽に、久津那(クツナ)まで。

 tel : 03-3373-6667

 kutsuna@ric-gr.co.jp

カテゴリー: 投資物件   パーマリンク

コメントは受け付けていません。