かぼちゃの馬車の影響 2

1年ほど前から、金融機関の投資用不動産への融資は絞られていました。

 かぼちゃの馬車が、追い打ちをかけましたが、全く融資がされないわけ

ではありません。

 

先週も、私のお客さまが、住宅ローン並みの低金利で融資を受けられて、

都内の一棟物のマンションをご購入されました。

動きは活発です。

  

今の不動産価格を牽引しているのは、投資の初心者と、外国人です。

 

初めて投資される方は、数年前の相場をご存知ありませんので、利回りを

定期預金の金利との比較でお考えになる方がいらっしゃいます。

今の利回りでも、定期預金金利と比較すれば、数百倍です。

 

他の国の主要都市の利回りと比較される外国の方も多くいらっしゃいます。

ニューヨーク・ロンドン・シンガポール等は、利回り3パーセント程度

ですので、東京の6パーセントを割安に感じられます。

 

そんな状況で、競争を避けて高利回り物件をご購入されるのであれば、

狙いは借地でしょうか。

 

投資初心者には、借地はハードルが高すぎます。

外国の方は、借地は購入されません。

 

私が、今年に入ってからご契約いただいた物件も、半分は借地です。

立地の良い借地であれば、空室リスクが低く、高利回りが狙えます。

 

自己資金をある程度ご用意いただければ、融資をご利用いただける物件

もあります。

 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

リック住宅センター 新宿営業所

久 津 那  正 人

kutsuna@ric-gr.co.jp

カテゴリー: 投資物件   パーマリンク

コメントは受け付けていません。